/ /薬「フタラゾール」。使用方法

"Ftalazol"という薬。使用方法

使用のための薬物 "Ftalazol"指示スルファニルアミド基の抗菌剤を意味する。むしろ狭く、腸内微生物叢、行動に向けられています。摂取後、薬物は比較的少量で血液に吸収されることが確立されている。

医薬製剤「フタラゾール」、指示書これは、最大の治療効果は、胃腸管であり、その薬効成分の使用を記載しています。この薬は、下痢、腹部膨満、小腸、嘔吐、吐き気の進行方向に痛みを伴うことがあり、腸粘膜の様々な微生物の病変をトラブルシューティングするために使用されます。さらに、薬剤は、食中毒の様々な示されている(これは、栄養疾患の第一選択薬です)。

薬「フタラゾール」、使用説明書錠剤の形で独占的に発行した債券。薬は、段ボール箱に配置されたブリスターパックで販売されています。対象の薬剤は、それが効果的に食中毒に役立つよう、家庭医学キャビネットに不必要と流体の過度の損失からの保護を提供し、脱水の発症を防止する任意のソースから下痢を停止することはありません。

薬「フタラゾール」(錠剤)をお勧めしますかなり狭い病気の治療のための薬理学者。その中には、中毒や感染による腸内微生物叢のバランスの急激な違反、広範囲の作用の抗菌薬のバックグラウンドに対して起きた脈動不全などがあります。

下痢からの薬物「フタラゾール」は、粘膜の真菌病変によって引き起こされる場合は無効です。この場合、問題の薬剤がカンジダ属の病原性真菌の増殖のための条件を作り出すので、患者の状態は著しく悪化する可能性がある。この薬物は(すべてのスルファニルアミド薬と同様に)病原性微生物の増殖を停止させるが、死に至らない。そのため、この薬を服用して、微生物叢の積極的な清浄化を達成することは極めて困難です。

製薬製剤 "フタラゾール"。使用方法

この薬を使用する前に中毒や脱水症状がないことを確認することが非常に重要です。これらの指標の中には、めまいと衰弱、発熱、重度の嘔吐、複数回の便(より頻繁に1日8回)、皮膚の過敏症の減少があります。上記の症状が少なくとも1つある場合は、血液中の電解質のバランスを乱す可能性があるため、特別なケアを直ちに行う必要があります。これは人生にとって非常に危険です。

軽度の消化器系疾患では、結果として、液体の便と胃の強い痛みではなく、1日3回、1錠の錠剤を投与する。治療の経過は3日以上続くべきではありません。食事の少なくとも60分前に薬を使用することをお勧めします。必要に応じて、ミネラルウォーターやミルクを使って薬を飲むことができます。できるだけ早く病気を排除するには、消費される液体の1日量を3リットルに増やす必要があります。

の使用への禁忌準備とは、組成を構成する成分の個々の不耐性です。子供の待機期間中は、専門医の監督の下でのみ注意を払って薬を服用します。この薬は牛乳に浸透しないので、治療期間中は授乳を止める必要はないことに注意してください。

副作用には、嘔吐、吐き気、食欲の悪化、および不全症が含まれる。

続きを読む: