/ /ハッチンソンギルフォード症候群:病気の発症の経過、治療および原因の特徴

ハッチンソンギルフォード症候群:病気の発症の経過、治療および原因の特徴

ハッチンソンギルフォード症候群は、子供の誕生から始まる早すぎるおよび非常に急速な高齢化を特徴とする疾患である。世界にはこのような患者はごくわずかであることに留意すべきである。病理にはもう一つの名前があります。

ハッチンソンギルフォード症候群

病気の症状

ハッチンソン=ギルフォード症候群には明らかな徴候があります:

  • 小さな成長;
  • 頭蓋骨は異常に拡大した寸法を持つ。
  • 髪の毛、眉毛及びまつ毛の欠如;
  • "鳥の顔";
  • 骨および他の身体系は変形される。
  • 皮下脂肪層の不在;
  • 思考と精神は正常ですが、身体発達には強い遅れがあります。

人々は特定のこのような診断を受けた人が45歳まで生存していた場合は、ユニークなケースが知られていますが、平均余命はほんの14年です。死亡は、心不全や脳組織の過剰な脂肪沈着のために最も頻繁に起こります。

ハッチインソンギルドフォード症候群写真

病気の出現の原因と治療の特異性

ハッチンソンギルフォード症候群は病理学であり、人間の染色体に違反して誘発された、つまり、彼女は現時点で完全な治癒を治すことはできません。欠点の意味は、細胞分裂の数がノルムと比較して有意に減少するという事実にある。

シンドロームハッチンソンギルフォード(子供の形)は、(両親の年齢やライフスタイルにかかわらず)どんな子供でも影響を受ける可能性があります。彼は2歳で顕著になります。既に成人に影響を与えるワーナー病もある。生物の成長は3歳で止まる。

この病理の特別な診断はないので、徹底的に研究されていないためです。また、記載されている症状ではっきりと確認できます。病気の治療に関しては、それを止めて人を通常の生活に戻す効果的な薬物はありません。しかし、ハッチンソンギルドフォード症候群の子供は、医師に登録され、常に検査されるべきです。特定の処置は、病状の進行を遅らせるのに役立ち得る。

シンドロームの治療計画は、各患者のこれには、子供の運動活動の増加、理学療法の手順が含まれます。赤ちゃんに少量のアスピリンを使用するため、脳卒中のリスクが軽減されます。時には、患者は、ミルクの歯を取り除き、血管をシャントすることを目的とした外科的介入を受ける。

子供のハッチンソン症候群
子供がハッチンソンギルフォード症候群のように見えることが想像できない場合は、記事に掲載されている写真にこれが表示されます。

提示された疾患に罹患している子供の発達の特徴

子供が肉体的に成長できなければ、彼の思考と精神は苦しまない。子供は読むことを学ぶことができ、学ぶことができます。当然、学習プロセスは自宅で行われます。

その後の予測については、それは残念です。そのような子供たちは長く生きていません。事実、彼らは1年で6〜8年を費やしています。当然のことながら、科学者たちは、その病気の出現の仕組みとそれを止める方法を明らかにする努力をしています。しかし、現在の医学発展レベルは、患者の生活の質をわずかに改善するだけでなく、老化プロセスを遅らせることができる。

続きを読む: