/ /耳の中耳炎:治療、症状および原因

耳の中耳炎:治療、症状および原因

最も一般的な感染症の1つ聴覚系の疾患は中耳炎です。この病理の治療は、最初の徴候の出現直後に開始しなければならない。しかし、まず、病気の原因を理解する必要があります。

外耳道の中耳炎
この病理は、年齢にかかわらず、どの人でも発生します。しかし、最も感染しやすいのは、水泳に従事している人、弱い免疫防御を持っている人、慢性疾患に罹っている人です。また、不適切な衛生、低体温、外傷のために発生する可能性があります。外耳の中耳炎は、以下のタイプに分類することができる:びまん性および限定性。

当然のことながら、予防措置によってあなたはこの問題からです。これを行うには、入浴中に注意して耳の清掃を注意深く行う必要があります。さらに、特定の疾患、炎症過程を治療するのがタイムリーです。

耳の中耳炎は、その治療が可能である自宅で、ENTで受信時に診断されます。独立した診断は間違っている可能性があり、非常に不快な結果につながります。病状を判断するためには、症状について医師に伝えてください。それらの中で私たちは区別することができます:外耳道の浮腫や赤み、痛み症候群、特に耳鼻咽喉を押す時、温度の上昇。この病気では、聴覚障害は特徴的ではありません。

耳炎治療
医師が耳の耳炎を発見した場合は、治療が必要ですすぐに始まります。まず、ホウ酸アルコールを含浸したタンポンを拒否する必要があります。事実、病気の間に皮膚はすでに炎症を起こしており、この治療法はそれをさらに刺激し、痛みを引き起こす。トゥンダを置く必要がある場合は、軽い抗菌性軟膏で浸してください。そして、患者は炎症を除去して感染症を排除しなければならない特別な薬を処方される。原則として、これらの薬物は抗生物質を含む。

中耳炎の場合は、複雑になる。それはすべて病気の原因に依存します。随伴感染を排除する必要があるかもしれません。痛みを取り除くためには、特別な経口薬を摂取する必要があります。医者が膿疱形成を発見した場合は、それを除去する必要があります。このような行為は合併症を伴い、炎症は補聴器の深部​​に侵入する可能性があるので、自分でやろうとしないでください。

耳炎治療
自宅で中耳炎を排除する場合殺菌、抗炎症および抗菌効果を有する薬草煎じ薬の助けを借りて治療を行うことができる。このような液体には、外耳道に挿入されたトルンドーキが含浸される。しかし、そのような治療にも医師の許可が必要です。ブイヨンの場合、カモミール、カレンデュラ、オーク樹皮の草を使用することができます。それらは感染症の急速な破壊に寄与し、予防の出現を妨げる。いずれにしても、自己投薬をしないでください。健康である!

続きを読む: