/ /古代と今日の金のイヤリング

古代と今日の金のイヤリング

女性はいつも自分を飾りつけようとしました。異性に対するより大きな関心。これを行うには、さまざまな手段や宝石を使いました。楽しさと有用性の素晴らしい組み合わせです。耳の金のイヤリングは独占的な女性の装飾品だと考えられていますが、これは完全に真実ではありません。これを理解するには、この製品の歴史を調べる必要があります。

金のイヤリング
イヤリングの歴史

思わず見えるかもしれませんが、古代からの金のイヤリング純粋に男らしい装飾と考えられていた。異なる時間に及び、世界のさまざまな部分で、この製品は、その所有者について多くを伝えることができます。例えば、エジプトでは、1つのイヤリングが高い状態の男性が言いました。東の国では、貴重な石と銀や金のイヤリング象眼細工、そして再び社会の中で高い位置を指摘しました。ロシアにおける銅のイヤリングは、あなたの目の前でそのスレーブを意味しますが、貴金属のイヤリングは、逆に、それらを身に着けている人の高ランクを述べました。そして唯一のXVI-XVII世紀に、この装飾は当然人類の女性の半分に属していました。

現代の金のイヤリング

今日では、おそらく最も人気のある種類のイヤリング女性の中の装飾品。公正なセックスのためにあなたの顔に注意を引くと、多分、視覚的にそれを任意の欠点を修正する方法です。宝石は、女性にその所有者の任意の画像、スタイルや気分に適した金のイヤリングの巨大な範囲を提供します。

真珠と金のイヤリング
イヤリングの分類

条件によっては、すべての金のイヤリングをファスナーの種類に応じてグループに分けることができます。

  • イヤリングスタッド(それ以外の場合は「カーネーション」と呼ばれます)。
  • ぶら下がった要素のイヤリング。
  • 英語のファスナーの古典的なイヤリング;
  • ファスナー "ループ"上のイヤリング。
  • イヤリングクリップ。

私たちがナチのインサートについて語ると、金のイヤリングは次のようになります:

  • 挿入なし;
  • 立方晶ジルコニア;
  • 貴石(ダイヤモンド、エメラルド、サファイア、ルビー)。
  • 半貴石(すべての石英、有機石、および装飾岩)を使用しています。

古典的な金のイヤリングとキュービックジルコニアのイヤリング

これは最も安価なオプションで、特別な若者の人気インサートのない装飾品にはダイヤモンド加工が施されているため、製品に大きな光沢を与えます。ファイヤー派はますます「ダイヤモンドカット」の枠組みに入っています。この方法は、キュービック・ジルコニアがより多くの光線を「捕らえ」、壮大な輝きの装飾を提供するのに役立ちます。

アメジストの金のイヤリング
半貴石のイヤリング

このグループには、トパーズ、アメジスト、アクアマリン、パール、サンゴ、アンバー、クリソライト、その他多くのものがあります。そのような装飾品を選ぶとき、彼の色の種類から始めるべきです。たとえば、アメジスト(ララク色の石)を使用した金のイヤリングは、暗い目とかわいい肌の女の子に適しています。青いトパーズは、美しさの灰色か青い目の美しさと深みを完全に強調します。しかし、クリソライトまたはクリソプラーゼを含むイヤリングは、緑色または茶色の目のかわいそうな存在の最高の友人になります。真珠の金のイヤリング(有機石のクラスの代表)は、花嫁の最高の装飾と見なされます。それは、すべての花嫁の美しさ、優しさ、無実を強調する白い真珠です。

ダイヤモンド付きイヤリング
ダイヤモンドジュエリーイヤリング

ブリリアント - ジャンルの古典、この石は直面するすべて。今日、宝石店の窓には、しばしばホワイトゴールドで作られたダイヤモンドのイヤリングやその他の製品があります。石が実際よりもはるかに大きいように見えるので、白いフレームの透明でクリーンなダイヤモンドがはるかによく見えます。しかし、そのようなジュエリーは非常に印象的な価値があります。

続きを読む: